ペットホテル利用時の為になる豆知識No.2|羽田空港から近いペットホテルドッグイン

PETHOTEL & SALON DOG Inn
PETHOTEL&SALON

ペットホテルドッグイン羽田空港

ペットホテル利用時の為になる豆知識 A

〜良いペットホテルの見分け方〜

豆知識

ペットホテルを選ぶ時、何処のペットホテルがいいのか
何を基準に選べばいいか分からず困る場合も多いかと思います。
そこで実際ペットホテル側からみた良いペットホテルの
見分け方のポイントについて紹介します。
ペットホテル
【チェック項目】
@狂犬病ワクチン・混合ワクチンの接種ノミダニ駆除を義務つけているペットホテル。
Aごはんは普段食べている物を持ち込みの所。
B施設内の床に不要な物は一切置いていない。(誤飲や物の転倒などの事故防止の為)
C施設内の臭い。
Dドッグフードやゴミが床に落ちていない事。
E排泄回数やその子の性格やクセ、傾向をよく観察している。
Fお泊り中お散歩に連れていってくれる所。
(トイレが出にくい傾向の子やトイレがお外でのみの子は絶対に外せないポイント)
Gお散歩時、逃走防止などの対策をしている。
H電話対応の良さ。
I24時間同じ建物内に人がいるペットホテル。
J毎日わんちゃんの様子が確認できる。
K見学が可能な施設。
L施設入り口は逃走防止の二重扉などの対策をしている。
以下ではチェック項目の詳しい説明をしています。
【チェック項目1】

狂犬病ワクチン、混合ワクチン、ノミダニの駆除を義務付けているペットホテル。
今の時代、日本では珍しい狂犬病ですが犬を飼っている全ての人に義務ずけられている狂犬病ワクチン。
ペットホテルでは万が一スタッフが犬に噛まれた場合や通行人を噛んでしまった時など安全かどうか判断する為でもあります。任意の混合ワクチンは多種多様のわんちゃんがお泊りにきますので病気を予防する為にもワクチン接種および証明書の提示を義務づけているペットホテルが安心です。
中には持病やアレルギーなどの理由があり病院から免除されている場合は除きますがワクチン未接種やどんな状態のわんちゃんでも受け入れOK!とゆうペットホテルは少し注意必要です。
ノミダニ駆除に関しても施設内感染予防している所が安心です。

【チェック項目2】
ごはんは普段食べている物を持参のペットホテル。
理由はペットホテルとゆう慣れない環境のうえ、それに加えて普段と違うドッグフードを与えると体質に合わなかった場合の下痢やアレルギーの問題と色んなリスクが有るためペットホテルドッグイン羽田空港では普段食べているドッグフードを必ずご持参頂いております。

【チェック項目3】
室内ドッグランや施設内の全床には不要な物を置いていないペットホテル。
理由は衛生管理が完璧に出来ていないペットホテルはやはり整理整頓が出来ていない部分があったり何よりも床に不要な物があるとわんちゃんの誤飲や物の転倒の危険性もある為、重要なポイント。
【チェック項目4】
施設内のニオイ。生きているペットをお預かりしている以上多少のニオイはあるものの、明らかに施設内に動物臭が充満している場合は空気の換気や適切な排泄の処理、衛生管理が出来ていない可能性が高いです。適切な衛生管理がしっかりされているペットホテルはニオイの発生も抑えられている。
【チェック項目5】
床にゴミやドッグフードが落ちていない。
こちらも衛生管理がしっかりされていれば床にゴミを見つけた場合はすぐにかたずけられ清潔な状態をたもっているはずです。
【チェック項目6】
排泄回数やその子の性格やクセ、傾向をよく観察している。
ただお預かりしているだけでなくわんちゃんの毎日の排泄の様子はもちろんの事、
性格や個性、お部屋での行動などについてもよく観察してくれているペットホテルが安心です。
【チェック項目7】
お泊り中お散歩に連れていってくれるペットホテル。
お散歩好きなわんちゃんやお外でしか排泄が出来ない子にとってはお散歩は外せないポイント。
ずっと一日中、室内で過ごすペットホテルより
も定期的にお外の空気を吸って気分転換出来る
お散歩付きのペットホテルの方が安心でしょう。
【チェック項目8】
お散歩付きのペットホテルでもお散歩時、逃走防止の対策をしている所。
首輪やハーネスの外れ以外にもふとした急な犬の引っ張りによってリードを手から離してしまうなどの危険性もあります。お散歩中何かしらの逃走対策を取っているペットホテルはプロショップといえるでしょう。
【チェック項目9】
電話対応のよさ。
電話にでるスタッフの対応のよし、悪しは気になる所。
電話に出たスタッフが不愛想、不親切では安心して大切なわんちゃんを預けれません。
分からない事や相談にも快く応じてくれるペットホテルが安心です。

【チェック項目10】
24時間同じ建物内に人がいるペットホテル。
スタッフが帰宅し翌朝まで無人のペットホテルよりも
何かあればすぐに駆け付けれるスタッフがいるペットホテルの方が何かと安心。
【チェック項目11】
毎日わんちゃんの様子が確認できる
お預け中全くわんちゃんの様子を見れないのは飼い主さまにとっても不安かと思います。
毎日お写真や動画が見れ愛犬の元気な姿を見れるペットホテルの方が飼い主さまにとっては安心できるのではないでしょうか。
【チェック項目12】
見学が可能な施設。
どんな環境でわんちゃんをお預かりするのか事前に飼い主さまが見学した方が安心かと思います。
繁忙期やペットホテルが忙しい日を除けば比較的ゆっくり案内してくれるペットホテルも多いのではないでしょうか。

【チェック項目13】
お預かりする施設入り口は逃走防止の二重扉などの対策をしているペットホテル。
施設入り口が二重扉や何かしらの逃走防止をしていない施設はわんちゃんが逃走する危険性も高くなるかと思います。
ペットホテルでは複数のスタッフの出入りもある為、
逃走防止の扉対策をしっかりしているペットホテルが安心です。
動物は時に人間が予測しいない行動をとる事も多い為、扉対策は必須です。
「羽田空港近くのペットホテルはどこにお願いすれば安心かな?」
と悩まれる飼い主さまもいらっしゃるかと思います。そんな時は是非私たちペットホテルドッグインにお任せください。愛情をもって大切なわんちゃんをお預かりいたします。
何かご不明点や心配な事などございましたらドッグインスタッフまでお気軽にご相談ください。

豆知識

  • Instagram
お問い合せフォーム

PageTop